バイアグラジェネリックの「カマグラ」

カマグラという医薬品は、有名な精力増強剤であるバイアグラと主成分を同じくしたジェネリックの薬です。
主に海外で法に則った製造方法によって作られるジェネリック医薬品であるため、価格がバイアグラの数分の1という費用で購入することが可能です。

性器への影響としてはシルナデフィルという成分が酵素の活動を阻害して血管の拡張を促し、性器へと送られる血流の量を増加させるというメカニズムです。
あくまでも性器の勃起力を高める効果のみを狙った薬なので、精液の量を増やすなどの効果はないということは把握しておかなければなりません。

バイアグラと主成分を同じとしているため、その副作用もバイアグラと同様のものが表れます。
代表的なものとしては血行の促進による圧迫感や頭痛、血流の急激な変動によるショックなどが挙げられます。
また心臓に対しても強い負荷がかかるため、心臓に疾患を持っている人は使用を控えた方が良いです。
これらの副作用に困らないためには、初めて飲む時は少量から始めて、どこから症状が出始めるのかを見極めると良いです。
使用方法としては多すぎるといけないというものなので、少なすぎで何かしらの症状が表れるということはありません。

カマグラは一般的にはカマグラゴールドという名前で流通していますが、そのスタンダードタイプの他にカマグラオーラルゼリーというゼリー状になったものや、カマグラPOLOというトローチの形をしているタイプもあります。
これらの特徴としては錠剤と異なり服用するのに水を必要としないため外出先などで気軽に使用できたり、錠剤を飲むのが苦手な人に向いているというメリットが挙げられます。

またスーパーカマグラという薬も存在し、そちらはシルナデフィルに加えてダポキセチンという成分によって早漏にも対策が置かれた複数アプローチ医薬品となっています。
非常に汎用性が高く、シーンや目的に合わせて柔軟に選択できるようになっている医薬品がカマグラです。

カマグラの価格と使用方法

カマグラゴールドの販売形式は50mgと100mgの2種類に分かれていて、100mgでは日本人の身体には多すぎるという可能性が考慮されています。
しかし価格的には50mgが1錠当たり定価で575円であるのに対して、100mgは635円とほんの50円の差しかありません。
したがって50mgの併用を考えている人は100mgタイプの錠剤をカッターなどで半分に分けて使用すると非常にお得になります。

箱売りのタイプはどちらの錠剤の大きさも同じく4錠・20錠・40錠の3種類に分かれています。
またゼリータイプは1包が500円でトローチタイプは1錠が700円と、錠剤と大差ない金額設定がなされています。

カマグラの使用方法は一般的な錠剤型医薬品と同じように、水やぬるま湯とともに飲むと良いです。
時間は性行為をする1時間前を目安にして、計算して飲むようにしてください。
服用前後に食事を挟むと効果が出にくくなってしまうものなのでできるだけ控えるようにし、空腹に耐えきれない場合は効果が出るまで我慢をするかさっぱりとしたものを選んで食すようにしてください。

そしてゼリータイプのカマグラオーラルゼリーは錠剤よりも吸収される時間が短いため役30分程度を見てそのままのみ込むだけで大丈夫です。
トローチタイプのカマグラPOLOは口の中である程度溶かして、成分が溶けた唾液を呑み込んでいきます。
こちらは30分から1時間で、大体錠剤とゼリーの中間くらいの時間がかかると考えてください。

いずれのタイプにしても一度服用したら24時間は間を空けるようにし、一日に一度の使用に留めてください。
また身体に悪影響をおよぼす危険性があるため、決して血圧を下げる効果のある薬と併用してはいけません。