バイアグラの個人輸入代行ってどういうこと?

バイアグラは日本ではインターネット通販で入手をすることができません。
法律によって医療用医薬品をインターネット通販で販売することは禁止されていることがその理由です。
一般用医薬品ならばドラッグストアや薬局で売られていることがありますが、医療用医薬品は医師の処方箋がなければ手に入りません。

バイアグラを日本で手に入れるためには、基本的には病院で医師の診断を受けて、処方箋を書いてもらう必要があります。
しかし、個人輸入代行サイトを利用すれば自宅にいながらまるでインターネット通販で薬を購入したかのように、バイアグラを自宅に届けてもらうことができます。

個人輸入代行サイトを利用する男性現在の法律では、インターネット通販で医療用医薬品を販売することは禁止されていますが、海外から個人輸入で薬を入手することまでは禁止されていません。
個人輸入代行の会社は、薬をインターネットで販売しているのではなく、個人輸入の手続きを代行してくれる会社となります。

個人輸入代行サイトを見てみると、バイアグラの料金が書かれています。
しかし、この料金はバイアグラを購入する代金ではありません。
あくまで個人輸入の手続きを代行してもらうことに対する手数料と、海外から薬を輸入し、依頼者の自宅に届けるための送料という内訳になっています。

個人輸入代行はこのような仕組みになっていますが、利用者にとってはインターネット通販を利用することとほとんど変わりがないと感じるのではないでしょうか。
決済方法としては銀行振込みのほか、クレジットカード決済に対応しているサイトがあります。

サイトを運営しているのは海外の会社となっていることが多いですが、振込先は日本の銀行の口座となっているので、一般的な銀行振込みの手数料だけがかかります。
クレジットカードでは銀行振込み手数料はかからず、ポイントもつくのでクレジットカード決済のほうが人気があるようです。
サイトによってはMasterCardのブランドに対応していないなど、使えるクレジットカードに制限があることもあるので注意です。

これがバイアグラを自分で購入する方法です。老舗のあんしん通販薬局での購入は安全に購入することが可能なので非常におすすめです。

個人輸入代行の危険性は偽物に騙されること

個人輸入代行のサービスはあたかも薬をインターネット通販で購入しているかのように利用ができ、とても便利ですが、危険もあります。
個人輸入で入手をした薬のうち、6割以上は偽物であるという調査報告も出ています。
個人輸入代行のサイトを運営しているのはほとんどが海外の会社です。
偽物を扱っているような悪質な会社も存在しているので、しっかりと優良なサイトを選ぶようにしておかなくてはなりません。

個人輸入で手に入れた薬を飲んでもなんの効果も出なかったというのなら、まだマシなほうであるという意見があります。
ゴキブリがたくさん徘徊しているような不衛生な工場で薬が作られているというケースなどもあります。
不純物が混じっており、健康に重大な被害が出てしまったという人もいるようです。

国内のインターネット通販と同じように利用ができますが、海外から薬を輸入するという行為には危険も存在しています。
その危険性を十分に理解をしておき、しっかりと優良なサイトを選ぶようにしておきましょう。

優良なサイトを選ぶための1つのポイントは、インターネットの評判や口コミを参考にするということです。
初心者の人は知名度の高い大手のサイトを利用するようにしておくことが無難です。
日本の会社が運営しているサイト・サービスならば一定の信頼がありますが、個人輸入代行のサイトのほとんどは海外の会社が運営しているものですので、海外の会社も選択肢に入れる必要があるでしょう。

悪質なサイトの多くは短期間のうちに閉鎖してしまいます。
長く営業をしている歴史のある会社は、それだけの長い期間信頼を得てきたということになるので、一定の信頼があります。
絶対に安心できるということはないので、最終的には自己責任での利用となりますが、総合的に信頼ができるかどうかをしっかりと判断していれば騙される可能性は減らせます。