EDという問題に悩むのであれば、バイアグラは非常に重要な解決策の1つとして注目されるべきものです。
これからこのような薬のお世話にならなくてはならないと言う状況に陥っているのであれば、最初にすべきは情報収集です。
この薬がどのようなものであり、どのような使い方が必要であるのかを正しく知っておくことにより、正しく判断することができるようになるのです。
間違った情報に振り回されないようにするためにも正しい知識を身に付けておくということがとても重要です。

ED治療薬「バイアグラ」!

ED治療薬であるバイアグラは非常に有名な存在ですが、これまでに勃起不全などの症状を患ったことがないのであれば知らないこともあるでしょう。
しかし治療のために選択することができる最初の手段として知ることになるのは、やはりこのバイアグラであると言えます。
その様な有名な存在であると言えます。
日本でこの薬が発売されたのは1999年であり、この当時から現在に至るまで正式なルートで入手するためには専門の医師の診察を受けて処方箋を書いてもらう必要があります。
勃起不全という症状があると言うことを確認し、問診や血圧測定によりバイアグラを使用することによるリスクがコントロール可能であると判断された場合に処方される仕組みとなっています。
飲み合わせによっては命に危険が及ぶ場合もあるということが報告されているため、現在でも医師の処方箋が必要な処方箋薬品に指定されています。

このように医師の処方が必要となった背景には、1990年代から2000年代にかけて世界的に社会問題になったと言う背景があります。
勃起不全に悩む男性が世界的に存在しており、それを改善する効果があるということが判明したため違法な販売や偽物が出回るなどの社会問題が発生したのです。
日本国内で発売されたのは1999年であり、このような困難を十分に吟味して開始したと言う状況にあります。

現在病院で処方してもらうことができるのはバイアグラの25ミリグラム錠と50ミリグラム錠です。
このいずれか有効性が期待される方を選択して処方されるというのが一般的な流れとなっています。
このような背景から非常に効果がある薬であると言う事は世界的にも認められています。
しかしながらその有効性ゆえに様々な社会問題を引き起こしてきたと言う問題もあり、日本では医師の処方がなければ購入することができない処方箋医薬品に指定されることになっています。

使い方を間違えると重大な副作用により命に関わることもあるということを最低限して利用することが求められると言う特徴があります。
一方で効果については十分に確認されており、有効であると判断することができるでしょう。
そのため根本的な治療になると言うわけではありませんが、ED治療の選択肢としては有効性の高いものとして取り扱いが行われています。

バイアグラに含まれるシルデナフィルの効果

バイアグラと言うのは薬の名前です。
元々は狭心症の治療薬として研究開発が進められた成分であるシルデナフィルを有効成分としている薬です。
研究段階で狭心症への効果はそれほど芳しいものではなかったのですが、陰茎の勃起を促進する効果が認められたと言うことがわかり、本来は副作用の一つであったにもかかわらず適応症として発売されるようになったと言う薬です。

シルデナフィルの効果について考える男女研究開発段階においてはわずかな効果であった陰茎が勃起する効果も、も研究が進められることにより強いものへと改善されていくことになりました。
これは海外において夢の薬として騒がれることになり、医薬品としての認可を待つことなく世界的に個人輸入をして使用すると言う加速することになりました。
日本でも個人輸入によりシルデナフィルを購入して使う人がいたのですが、ニトログリセリン等の硝酸エステル薬を使用している主に高齢者が、シルデナフィルによる勃起不全の症状を改善の直後に行った性行為の直後の心停止により死亡すると言う事故が数件発生しています。
そのため危険性が急速に認識されるようになり、医師の診断と処方箋が必要となる正規販売が必要であると言う判断に変わっていたのです。
副作用による死亡を防ぐためにも当時は必要なことであったと言えるでしょう。

このシルデナフィルが効果を発揮する仕組みとしては血管を拡張させて血液量が増えることによる効果であると考えられています。
勃起不全の症状がある場合、性行為の30分ぐらい前に服薬をすると性行為を正常に行える状態になるということがわかっています。
その際に性的な刺激が必要になると言うことも判明しています。
勃起不全を改善する効果は認められているものの、性的な気分を高揚させる効果があると言う事は認められていませんので注意が必要です。

このようにシルデナフィルが効果を発揮するためには一定の性的な刺激を受けると言う条件が必要になる一方で、条件を満たせば確かな効果が認められると言うことも多くの方向から明らかであると言えるでしょう。
またこのシルデナフィルの効果を発揮するためには食事について注意しなければならないと言うことも知られています。
飲み薬ではありますが、使い方を間違えてしまうと全く効果がなくなってしまう場合もあれば、命に関わる副作用が発生することもあると言う薬であることを深く理解しておく必要があります。

バイアグラは個人輸入を使って何個も注文できる?

バイアグラは医療機関において医師の処方箋がなければ購入することができない25ミリグラム錠と50ミリグラム錠については、病院にかかって購入するというのが一般的です。
しかしながら、海外では販売されている正規品であるバイアグラの100ミリグラム錠については、現在でも個人輸入で購入することができる仕組みとなっています。
しかしながら個人輸入によって購入することができるのはあくまでも自分が使用するものであるということを前提としていますので、それを超える数量の個人輸入は薬事法の規定に触れる可能性がありますので注意が必要です。

具体的な基準については厚生労働省の文書として交付されています。
医薬品または医薬部外品と言う枠の中に入ることになりますが、バイアグラは処方箋薬に該当するものであると言えますので、用法用量から見て1ヵ月分以内であると言うことが個人輸入することができる条件となります。
そのため個人で使う場合に1ヵ月分を超える数量を取り寄せることができません。
このような規則が存在していると言う事は知っておかなければなりません。

バイアグラと言う薬はその性質上、服用の機会はそれほど多く必要になるものではありませんが、1日1回までと決められています。
それ以上追加で服薬する場合には想定以上の薬の効果が出る場合があり、その場合には副作用のリスクが高まると言う性質があります。
そのため医師が処方箋を書く場合には25ミリグラム錠からスタートして様子を見ると言うのが基本路線です。
海外からの個人輸入の場合には100ミリグラム錠を選択することが多くなりますが、日本人の体格を考えた場合には量が多いと言えるでしょう。
このような仕組みになっていると言うことについては理解しておかなければなりません。

バイアグラの有効成分であるシルデナフィル今EDの症状を改善するだけではなく様々な副作用を発生させるリスクが存在していますので、有効成分が多ければ良いというものでは無いのです。
そのため明確な記載があるわけではありませんが、1ヵ月分であると言うことを説明することができる寮で購入する必要があるでしょう。
原則として1ヵ月分の日数を超える量では購入できないということを理解しておく必要があります。
そしてその認識を正しく持つことが自分の健康を害さないようにするために必要最低限の知識であると言えるのです。

おすすめ記事

  • 個人輸入代行サイトを利用する男性

    バイアグラの個人輸入代行ってどういうこと?

    バイアグラの個人輸入代行ってどういうこと? バイアグラは日本ではインターネット通販で入手をすることができません。 法律によって医療用医薬品をインターネット通販で販売することは禁止されていることがその理由です。 一般用医薬品ならばドラッグストアや薬局で売られていることがありますが、医療用医薬品は医師の処方箋がなければ手に入りません。 バイアグラを日本で手に入れるためには、...続きを読む

  • ネット総合病院という個人輸入代行について調べてみた

    ネット総合病院という個人輸入代行について調べてみた 医薬品を個人輸入する時に、全ての手続きを個人で行うというよりも、代行してくれるサイトを利用するという人がほとんどではないでしょうか。 実際に個人輸入代行サイトで調べてみると、たくさんの業者を見つけることが出来ます。 どのサイトが安全性が高いのか、安く購入することが出来るのかを気にし出すと、どこを選べば良いか分からなくなっ...続きを読む

  • バイアグラジェネリックの「カマグラ」

    バイアグラジェネリックの「カマグラ」 カマグラという医薬品は、有名な精力増強剤であるバイアグラと主成分を同じくしたジェネリックの薬です。 主に海外で法に則った製造方法によって作られるジェネリック医薬品であるため、価格がバイアグラの数分の1という費用で購入することが可能です。 性器への影響としてはシルナデフィルという成分が酵素の活動を阻害して血管の拡張を促し、性器へと送られ...続きを読む